タグ:ウォーターサーバー

ウォーターサーバーのタグが付いた記事一覧。クリクラの水は評判どおりなのか?2年間クリクラを使ってみて、良いことも不便に思ったことも全て報告します。
No Image

クリクラの”ここが便利”
ウォーターサーバーの最新活用術として、代表的なものは、・ご飯を炊いたり料理に使ったりする・カップラーメンのお湯に使う・赤ちゃんのミルクを作るなどでしょうが、私はというともっと、もったいない使い方もしています。それは、冬に歯磨きをする時、最後に口をゆすぐときに使う水にクリクラの水とお湯を使います。「えっ!それはもったいないでしょう?」と思うかもしれませんが、いや、確かにもったいないんですけど、純粋な...

記事を読む

No Image

ウォーターサーバーの選び方
ウォーターサーバーは、サーバー本体のレンタル料金、水代、電気代など、経費がかかります。ウォーターサーバーの最安値を探そうとした時、レンタル料金がタダとか、水代が安いとか、そういう事だけなく、1年間トータルでランニングコストがどのくらいかかるのか、を考えたほうが、結果的に最安値ということになりますよ。じゃあどこが一番、ウォーターサーバーで最安値なのか?といえば、やはりクリクラが最有力なんです。なぜか...

記事を読む

No Image

クリクラ 電気代はいくら?
クリクラの気になる電気代ですが、一ヶ月で約1000円前後です。各地域の電力会社によって、多少、高い・安いはありますが、おおむね一ヶ月に1000円。もちろん24時間、温水のスイッチも入れっぱなしの状態で、です。他メーカーのウォーターサーバーでも、特に電気代に関しては大差がありません。ちなみに、スイッチは温水のみで、冷水はコンセントを差すことでスイッチが入る仕組みになっています。もしボトルの水がなくなって、本体...

記事を読む

クリクラの”ここが便利”
クリクラを2年か、日々使ってみて実感した”クリクラはここがいい”というポイントをご紹介します。なお、クリクラに限らず、ウォーターサーバー一般の評価にも言えることかもしれないので、そのあたりはあしからず。1,やっぱり、水がおいしい水、やはりおいしいです。クリクラの場合、RO膜という特殊なフィルターを通して、完全に不純物を取り除いた純粋な水(RO水)に、味付けのためだけの少量のミネラルを添加しているという、...

記事を読む

クリクラを導入した経緯
2011年4月、クリクラを導入してから丸2年が経ちました。私がクリクラを導入するきっかけと、本格導入までの経緯を参考までにご紹介します。※我が家では背の高いロングタイプを導入しましたまずクリクラを導入しようと思ったのは、”簡単においしい水でコーヒーを作りたかった”。ただそれだけです。もうひとつ、”ウォーターサーバーが家にあったらカッコイイかな”・・・正直、最初はそんな軽いノリでした。一応、クリクラは日本で家...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ウォーターサーバーの最新活用術は、料理やミルクに使うだけじゃない!


ウォーターサーバーの最新活用術として、代表的なものは、

・ご飯を炊いたり料理に使ったりする
・カップラーメンのお湯に使う
・赤ちゃんのミルクを作る


などでしょうが、私はというともっと、

もったいない使い方


もしています。



それは、冬に歯磨きをする時、最後に口をゆすぐときに使う水にクリクラの水とお湯を使います。

「えっ!それはもったいないでしょう?」

と思うかもしれませんが、いや、確かにもったいないんですけど、純粋なミネラルウォーターでゆすぐと、汚れ落ちが良い気がするんですよ。


あくまでも気がするというだけなので、本当に汚れ落ちがいいのかどうかはわかりかねますが、でも、塩素たっぷりの水道水よりも、クリクラの水は口の中がさっぱりするような気がするんです。



それに、冬の水は冷たいから、お湯を足す事で歯にシミることもなくなりますしね(笑)

こんなのだって、立派なウォーターサーバーの最新活用術だと思うんです。




ほかにも、コーヒーを飲む時など、空のマグカップを最初に少し温めるためにクリクラのお湯を使います。

やはり、コーヒーは温めたマグカップを使うほうが、美味しく飲めますからね。

これもウォーターサーバーの最新活用術では?



就寝前に、コップ1杯の水を飲んでいる人は多いと思いますが、私はクリクラの水とお湯を半々にしてグラスにつぎ、飲んでいます。

ようするに、白湯を飲んでいるわけです。


白湯だとお腹も冷えません

健康的なピュアな水分を体内に入れるので、体のデトックス効果も上がると思います。




ほかにも、

「ここでちょっと、熱いお湯があったら便利なのに」

と思う場面って、生活しているとチョイチョイあると思うんです。



そんな時、台所にドデーンと鎮座しているクリクラが呼ぶんですよ。

「私の中のお湯を使いなさい、さあ、遠慮なく使いなさい」

とね。



お金払ってる分、もったいなく思えますが、この気持、使ってる人には理解してもらえるはず!


スポンサーサイト

ウォーターサーバーの最安値は1年間のトータルで考える


ウォーターサーバーは、サーバー本体のレンタル料金、水代、電気代など、経費がかかります。

ウォーターサーバーの最安値を探そうとした時、レンタル料金がタダとか、水代が安いとか、そういう事だけなく、1年間トータルでランニングコストがどのくらいかかるのか、を考えたほうが、結果的に最安値ということになりますよ。



じゃあどこが一番、ウォーターサーバーで最安値なのか?といえば、やはりクリクラが最有力なんです。


なぜか?

それはまず、水代が圧倒的に安い!



天然水のウォーターサーバーはかなり高価で、1リットルあたり150円~180円くらい。

対して、クリクラなどRO水のウォーターサーバでは、1リットルあたり100円~120円くらい。



1リットルで、クリクラはすでに天然水に比べて50円くらい安いんです。

⇒ クリクラの水がウォーターサーバで最安値の理由はこちら



多くの場合、10リットル前後のボトルを2本~4本は使うでしょ?



月に2本使った場合でも、水代だけで1ヶ月すでに1000円の差が出ますから、1年で12000円も差がつきます。

そのうえ、サーバー本体のレンタル料金は毎月無料ですから、月500円くらいの有料のものと比べれば、ランニングコストは更に差が付いてきます。



クリクラの場合は年に一度、サーバーメンテナンス代として5000円必要になりますが、それでもクリクラは他のウォーターサーバと比べても最安値といえるでしょう。


天然水のように、種類によって味の差を楽しむ事はできませんが、RO水の純粋な水としての美味しさと、万が一の災害の時に役立つ供給安定性、しかもランニングコストが安い!


全てを兼ね備えている上に、ウォーターサーバーとしては圧倒的に最安値。

水の安全性もですが、金額が安く済むというのも、安心して使える理由の一つになると思いますよ。




クリクラ クリクラの電気代はいくらかかる?


クリクラの気になる電気代ですが、一ヶ月で約1000円前後です。

各地域の電力会社によって、多少、高い・安いはありますが、おおむね一ヶ月に1000円。

もちろん24時間、温水のスイッチも入れっぱなしの状態で、です。


他メーカーのウォーターサーバーでも、特に電気代に関しては大差がありません。


ちなみに、スイッチは温水のみで、冷水はコンセントを差すことでスイッチが入る仕組みになっています。



もしボトルの水がなくなって、本体の温水が無くなった場合は背面にある赤いスイッチをOFFにしておきましょう。

空だきを防ぐことができますし、電気代も多少節約できますから。


クリクラはボトルには12リットル入っていますが、ボトルを付けた直後は一部、本体に水をストックして保冷・保温します。


冷水の本体タンクは2.3リットル、温水は2リットルです。


一ヶ月の電気代1000円ですが、卓上の電気ポットを普通に使った場合にもそのくらいかかります。

大きな図体をしているクリクラですが、卓上電気ポットと同程度の電気代しかかからない、というのも魅力の一つですね。

しかもそれで冷水まで使えるのですから、電気ポットよりも便利でお得だと思いませんか?





クリクラの水 クリクラの”ここは良い”


クリクラを2年か、日々使ってみて実感した

”クリクラはここがいい”

というポイントをご紹介します。

なお、クリクラに限らず、ウォーターサーバー一般の評価にも言えることかもしれないので、そのあたりはあしからず。


1,やっぱり、水がおいしい

水、やはりおいしいです。

クリクラの場合、RO膜という特殊なフィルターを通して、完全に不純物を取り除いた純粋な水(RO水)に、味付けのためだけの少量のミネラルを添加しているという、きわめてシンプルな水になってます。

だからこそ、インスタントコーヒーを作ったり、ご飯を炊いたりする時に、素材の味に影響はほとんどありません。

素材を良いモノにすれば、それだけおいしい飲食が可能になり、プチ贅沢気分を味わえます。


2,手軽に冷水・温水が使える

実は、”水の味”云々よりも、こちらのほうがメリットかもしれませんね。

特にお湯は、わざわざ沸かす必要もありませんし、思いついたらいつでもコーヒーが作れる、というのが私にとっては一番のメリットとなっています。

カップ麺も一応作れるのですが、お湯は沸騰した熱湯ではなく少し低めの設定なので、カップ麺にはおすすめしませんね。


※注ぎ口のアップ。赤い熱湯のほうは、2アクションでないとお湯が出ないよう工夫されてます。
注ぎ口アップ



3,音は全くの無音

これは他のウォーターサーバーの音を聞いたことがないのでわかりませんが、おそらくどれも同じだと思います。

クリクラも、音そのものは全くないです。

ウォーターサーバーといえども、お湯を沸かしたりするので常にブーンとか、ゴーッとかいうモーターっぽい音を覚悟していたんですが、実際には全く音はしないですね。

新品のボトルを入れた時だけ、ボコボコッと本体タンク内に水が入った直後に、”サー”という湯沸かし音が聞こえますが、耳を澄まさないと聞こえない程度です。
普段は無音で静かにたたずんでいるだけです。


4,お客さんがうらやましがる

これはほんと、単なる自己満足ですが。

お客さんによっては、結構食いついてくる人もいます。

もちろん、お客さんに出すコーヒーはクリクラのお湯で作るのですが、”コーヒーの味がしっかり濃い”と誰にでも評判がいいので、ちょっとだけ自慢できます(笑)。


ほかにもいろいろと良いところがあるのですが、まあ一番いいのはやはり”思い立ったら冷水・温水がすぐに使える”ということです。






クリクラのお試し~クリクラ本格導入までの経緯


2011年4月、クリクラを導入してから丸2年が経ちました。

私がクリクラを導入するきっかけと、本格導入までの経緯を参考までにご紹介します。


※我が家では背の高いロングタイプを導入しました
CIMG1256.jpg




まずクリクラを導入しようと思ったのは、”簡単においしい水でコーヒーを作りたかった”。

ただそれだけです。


もうひとつ、”ウォーターサーバーが家にあったらカッコイイかな”

・・・正直、最初はそんな軽いノリでした。



一応、クリクラは日本で家庭用ウォーターサーバーとしては最も普及しているという安心感と、RO水という”安心・安全な水”であるということ、他メーカーのウォーターサーバーと比べて圧倒的に安い、ということ。

これらを吟味すると、クリクラしか残らなかったというのが正直なところです。

嫁さんも”安心・安全・安い”というところが気に入って、クリクラに決定しました。


ネット上にあったバナーから申し込んだのですが、最初から本契約ではなく、初めは必ず「一週間前後の無料お試し期間」からはじめることになります。


1週間で、12リットルのボトルが1本無料で試せるので、使ってみて気に入ったら本契約、やっぱりいらないという事になればキャンセル、という形です。


ウォーターサーバーの機械はけっこう大きくて重いので、単なる”ひやかし”は申し訳ないという気持ちから、1週間はまじめに”いいところ”と”不便なところ”を検証しましたね。


結果、ウチでは便利過ぎる!という結論になったために本契約になったのですが、別にキャンセルでもなんら構わないそうですよ。

現に、私の会社の同僚は”やっぱりキャンセル”ってなったときも、

「もし今後ご縁があれば、またよろしくお願いします」

と丁寧に頭を下げて名刺を置いていき、手際よく持って帰ってくれたそうですから、本当に必要ないと思ったら遠慮無くキャンセルするべきです。



さて、1週間のお試し期間で”便利すぎる”と思ったのは、やはり冷たい水と熱いお湯が同じサーバーで管理できて、やっぱり水そのものは「おいしい」と思ったから。


我が家は広島市内なんですが、広島って結構、国内でも水道水のレベルは高いほうなんですが、それでもクリクラの水の後に水道水を飲むと、「・・・臭い、かも」と思ってしまいます。


知らなきゃよかったんですが(笑)、やはりクリクラの水を知ってしまったのが運の尽きであったのかもしれない、と今思えばそうなのかもしれませんね。


我が家でクリクラの水を導入した経緯は、このような感じです。






Copyright © クリクラの水の評判:クリクラを使って丸2年、すべてバラします。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

国内で有名なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。